2017年6月15日

MT富士ヒルクライム、自己ベスト更新ならず

最近、キャンプとかツーリングばっかりやってて追い込む走りをしていなかったのが響いたかな、と思いながらリザルトを眺めています。

10日
朝5時に起床、京都駅まで自走。
6時38分発の新幹線に乗り込み一路御殿場へ。
静岡でこだまに乗り換えて三島で降りるが、
かなり人混みが多かった。名古屋で乗り換えた方が良かったかも?
三島→沼津→御殿場。
御殿場駅から自走で会場まで。
県道150号に逸れるとのどかな走りやすい道になっていた。
R138で、偶然近くを走っていたカズマ氏とランデブー。
レースは出ずに自走で行って帰るライドらしい。
そのまま走りやすい道を案内してもらい、会場まで一緒に。
富士山サイダーと富士山コーラをグビグビ。
コロッケ2個。
受付を済ませ、ハンバーガー屋へ。
ちょっとグラベルに突撃。







ハンバーガー美味かった!たまらん。
再び会場まで戻り、カズマ氏と別れる。
事前にHuaweiの新型スマートウォッチのモニターキャンペーンに応募してみたら当たったので
会場ではセットアップできず、宿で繋げて遊んでみた。



宿は去年と同じキャンプ場のバンガローへ。
虫がめちゃくちゃ多い。
ガとか何匹殺したかわからんw
宿ふもとのセブンイレブンで卵とじカツ丼と菓子パンなど。
さらに夜にサラダとビール追加。
少々食べすぎた。
風呂に行くには時間が遅くなってしまったので体をタオルで拭いて就寝。
獲得1500m程度になっていた。

11日
朝四時半起床。
結構ぐっすり寝れたが、ブヨに刺されたのか三ヶ所ぐらい盛大に腫れてる。
とりあえず5時出発。
またふもとのセブンイレブンで菓子パン3つとブラックコーヒー。
そのままアップがてら会場まで。
心拍174bpmまであげるのを2回。 これをやるのとやらないのでは結構差が出ると思う。

荷物預かりの場所が分からなくて右往左往。
なんとか時間に間に合い、スタートラインに並ぶ。
30分ぐらい余裕あったのでストレッチや給水など。
0723料金所スタート。
最初はいい感じに踏めていたのだが、後半にかなりタレてしまい、そのままサイクリングになってしまった。
ギリギリシルバーくらいかな?と思いきやシルバーから漏れてブロンズに。
やはりツーリングメインで来たこと、あまり追い込んだトレーニングをしなかったことが響いてのタイムにしては上出来かも。
しかし、昨年のベストタイム69m 55sという記録には程遠いので、やはり体を絞って、乗れる体にしておく必要があるな、と痛感したレースでした。


2017年6月14日

【2017富士ヒルクライム】HUAWEIのスマートウォッチモニターしてきた


富士ヒルクライム3つ目ぐらいの記事かな?
Huawei社のスマートウォッチの試用モニターレポートをして来ましたので、実際にどんな感じだったかを書いておこうと思います。

【富士ヒルクライム行く前に】HUAWEIのスマートウォッチモニターに当選しました
http://d09speed.blogspot.jp/2017/06/huawei.html

HUAWEI Watch2
http://consumer.huawei.com/jp/wearables/huawei-watch2-jp/index.htm

外観





遠目で見る分にはG-SHOCKとか、普通のスポーツ腕時計と見分けがつかないです。
セラミック製のベゼルを使用し、表面の硬度を高めて傷が入りにくくしてるそうです。
Baby-Gみたいな感じです。
カラーはモニターするときに2色から選べて、黒を選ばせてもらいました。

充電

専用ケーブルが必要です。
これは防水性のためにmicroUSBのBなんかにするとそこから一気に浸水するためだと思います。
金属端子にマグネットでスナップするやつでした。
通常の使用で2日、歩数計モードですと最長3週間バッテリーが持続するそうです。
電池はリチウムイオン420mAh。
確かに心拍を取りながらレース当日朝5時から着用して11時ごろに返却するまで電池切れになるようなことは無かったので、実用的に使えると思います。

操作性

タッチパネルをスワイプやフリックで操作します。
物理ボタンも2つあります。
たまーにパネルがタップに反応しないこともありましたが概ねストレスなく
操作できました。

接続性

主にBluetoothでスマホと繋ぎます。
腕時計単体でWi-Fiに繋いだり、eSIM版?ではeSIMと呼ばれる仮想SIMを認識して直接インターネットに接続することも可能なLTE版も説明書に記載がありました。
(今回試用したのはBluetooth版でした。)
(eSIMは国内だとドコモしかまだ対応していないみたいです。
物理的なSIMカードを差し替えるのではなくセンター側で回線の切り替えができる
次世代のSIMの形態のひとつだそうです。)

スマホとBluetoothで繋ぐ際に、pinコードが合わなくて困ってましたが何回かペアリングを試みるうちに繋がりました。

Bluetooth経由でデータを持ってくるのでちょっと初回のセットアップに手間取りました。
WiFi環境下なら素早いかと思います。(出先のLTEでMVMOでしたので)
スマホには予めAndroid WearアプリHuawei wearアプリをインストールしておいた方がスムーズです。

心拍計

時計の裏蓋から光学式で読み取るタイプです。
GARMIN eTrex30にant+の乳バンドと見比べながら走ってみましたが、
プラマイ10bpm前後の値に収まっていたので
実用に耐える精度があると思います。

アプリの機能

スマートウォッチに標準でインストールされているアプリには
屋外サイクリングモードや屋内サイクリングモード(ローラー台モード?)がありましたが、Google Play経由でSTRAVAアプリなんかも動くみたいです。
サイクリング中の速度や移動距離はGPSで測位して割り出す感じです。

総括

対抗機種としてはカシオのWSD-F20が近いでしょうか。















心拍計はついていませんがこちらもGPSを搭載しOSも同じ世代のものが載っています。

短時間の試用でしたので電池寿命とか、使い勝手の踏み込んだ部分については
書けませんが、ちょっとしたトレーニングや、お散歩程度、健康のために
自転車に乗りたいなど、レクリエーション目的ならある程度使えそうな
感じでした。





2017年6月7日

【富士ヒルクライム行く前に】HUAWEIのスマートウォッチモニターに当選しました





こんにちは、犬速です。
今年、Mt富士ヒルクライムに参加するにあたり、HUAWEI社のスマートウォッチモニターに応募してみたのですが、
見事当選してしまいましたw

HUAWEI社のページにある、どのモデルかが不明ですが、心拍計などのセンシングを
搭載しているスポーツ向けの
ものだろうと思うので(おそらく新型のこれ?Twitterにハッシュタグでアップするようにします。
Android Wear 2.0 OS搭載でスタンドアロンGPS、VO2MAXとか至れり尽くせりの最新機種っぽいので胸が高まりますw



なんかレース当日は雨っぽいですが、お祭り気分で楽しんできます。

去年の記事→
http://d09speed.blogspot.jp/2016/06/2016mt.html

2017年6月3日

BLAME!見てきた

弐瓶勉作品との出会いはバイオメガが最初だったと思います。
はるか昔にBLAMEをちらっと見た記憶があって、タイトルが思い出せずに
十年ぐらい経ってから最近キンドルでBLAME!を全巻買い揃えて、
原作を読んでから京都・MOVIXに行きました。

劇場アニメ 『BLAME!』

 


シドニアの騎士のアニメが地上波としてはいい出来でしたが
さらにCGのクォリティを上げてきていい仕上がりになっていました。
とくに序盤、づるがヘルメッタル(ヘルメット)を脱ぐシーンで
づるの素顔が御開帳されたときはドキッとしました。
可愛すぎます・・・・・・。


弐瓶勉作品では必ず巨大構造物が出てきますがこの重圧感の作り込みが
細部、画面の隅々まで行き渡っておりスクリーンからほとばしる
重い空気と鉄やカビ臭い匂いが伝わるようです。
いやしかし原作の漫画ですと地味なのが脚色されてすこしばかり派手な
(原作が地味で暗い通奏低音が鳴り響いているような)テイストに
なっています。

あと漫画を読み慣れていると爆発とか炎のエフェクトの色があるのが新鮮ですね・・・
深海生物が網に引っかかったような気分です。

弐瓶作品の徹底したハードSFが好きな人には大衆向けに少しばかり
アレンジされた劇場版は少しあっさりしているかもしれませんが
これはこれでいい劇場向けのバランス調整かなぁと感じました。
ドルビーアトモスのある映画館でもう一度見てこようと思います。



















2017年5月22日

2017/05/21 乗鞍スカイライン 雪の歓待

なんか乗鞍に行きたくなったので大阪から
だいたい高山まで270km自走して行ってきました。
(全行程350km、5000m up↑ぐらい)
開通したてホヤホヤで最高でした。



_DSC3317



_DSC3262
ゲートのおじさんの説明も5回目ぐらいなので
おじさん「5回目?」
わたし「熊に注意」
おじさん「そうやね」
わたし「バスに注意」
お「そうそう!」
わ「下りで速度出し過ぎに注意」
お「そうそう!気をつけて行ってね~」
わ「ありがとうございます(会釈)」

と、こんな感じで暗記してしまったのでサクサク登らせていただきました・・・・




_DSC3284


_DSC3275


序盤にこんな雪の壁があって「これはもしや・・・絶景では・・・」



_DSC3291

勝 利 確 定 
標高2200m超えたあたりから空気が如実に薄くなるのがわかるのですが、
もう写真撮るのに夢中になって、乗っては降りて、を繰り返していました


_DSC3304

_DSC3353


_DSC3310

そそり立つ、雪の壁・・・
乗鞍大雪渓さんで例年より雪が多いとは聞いていましたが、まさかここまでとは。
来てよかった。



_DSC3321

登頂完了


_DSC3331


雪のない時期だと長野県へと道が続いているのですが。


_DSC3337

エコーラインです。まだ雪に閉ざされていました。


_DSC3354

ライチョウです。ギャアギャア騒がしいなぁと思ったらライチョウが
神々しく岩の上でポージングしてくれました。
乗鞍には何度も来てますが、ライチョウにお目にかかれたのは
これがです



_DSC3362



_DSC3361

めし!
高山市駅前からスタートしたので40kmぐらい上りっぱなし+
40km下りっぱなしで腹が減るので絶景と美味いご飯は必ずセットにしないと
いけません。


_DSC3358



_DSC3360

とろろごはん・・・思わずおかわりを頼みました。

5月中頃に毎年乗鞍が開通するのは知っていましたが、
今回、初めて5月に登ってみて雪と山が織りなす美しさに心奪われた一時でした。






山にカメラを持っていくための選び方や構図とか、いろいろ載ってます。




定番ですが・・・・




2017年5月4日

2017-04-21 熊本県阿蘇~大分県豊後森機関庫 二泊三日バイクパッキングツーリング

こんにちは。犬速です。

バイクパッキングで2泊3日かけて、熊本・阿蘇〜大分県を旅行して参りました。

・荷物

2泊3日、キャンプしようと思っていたので、これだけの荷物を持っていきました。 カメラを持っていかなければまだまだ削る余地は大きいですが、
なにぶん旅の醍醐味を味わうには写真がどうしても必要で…w

oo_MG_3785

・熊本までは飛行機で

伊丹空港から熊本空港まで、ANA旅割往復で16200円という破格。 新幹線ならもう少しかかる上、時間もかなり節約できます。 パッキングは厳重に。また、最悪自転車が壊れる可能性もあるので、ハイリスクハイリターンです。

_DSC2406


過去の自転車飛行機輪行

北海道縦断(伊丹〜新千歳、ANA) 宇都宮ジャパンカップ(神戸空港〜茨城空港、スカイマーク)

・ルート

適当に走ろうと思っていたので特にこれと言って事前に決めていたものは無かったですが、大分の豊後森機関庫にはどうしても行きたかったのでクライマックスに持ってきました。 むくり。午前4時半。 前日にパッキングは済ませた。スマホも、ライトもモバイルブースターも充電OK。 いつもよりマシンが重い。マシン8kg,4kg足して12kg。 _DSC2426 布団の中でうだうだしてシャワーを浴びて、なんやかんやしてたら始発を逃してしまったああああまだ慌てる時間じゃない。 門真市駅へ。 んんん?もしかして、俺が今乗ってる京阪本線の準急って門真市駅には止まらないのか。 やれやれ。階段を昇り降り。 大阪モノレールへ乗り込むぞ!! 伊丹空港に着いたのが6時56分、歩いて空港内の手荷物預かりへ。 チケット発券。んんんめっちゃ手荷物預かり並んでる 「くまもんに会いたい人は〜挙手!!!」 「ノシ!!!」 「おまえチャリンコオタクだからちょっとしっかり見させてもらうわな」 はい。手荷物預かりで手間取って一本ずらして貰いました。ANAさん、ホント申し訳ありません。 フレームバッグは外しておこうな(教訓) B737!!!!空の旅!!!!めっちゃテンション上がる!! あ、センサーにゴミついてる笑 _DSC2415 はい!!!!自転車出来上がり! ちょっとホイールの固定がゆるくて中でゴソゴソ動いてシートチューブ傷だらけ。許す。 とりあえず、空港の北の方に出てしまったので、南阿蘇の方に行こうかと思いながら進路を取ります。 前に阿蘇に来た時、R57といえば幹線道路だったはずなのにやけに交通量が少ないです。 どうなってるんや…? その答えは10km先にありました。 _DSC2428 通行止め。 あぁ。下調べを殆どしてなかった私が悪いのですが、道路沿いの建物、みんな締まってますね… 墓石屋さんの倒壊した墓石が痛々しい。 気を取り直して、Uターン。さすがに誰もいないのと信号無いので快速。それでいて下り坂。 道の駅で腹ごしらえしようと思って立ちよってみたら、馬刺しの燻製が置いててお買上げ。その日の夕飯のアテになりました。 _DSC2433 南進して、南阿蘇へ。山田牧場でアイスとヨーグルト。 _DSC2429 ヤギ、馬、豚、牛と家畜が勢揃い。 熊本県では有名な農家みたいです。 ここまで40kmとかそれぐらいしか走っていませんが今夜の宿泊地を決めておかねば。 せっかくテントがあるので野営したい。 近くにキャンプ場があるのでそちらへ… 行ってみたら、予約してないのでちょっと無理ですね〜という返答だったので止むなく宿を取る。 _DSC2456 _DSC2472

宿に行くには時間があったので見晴台駅まで。田んぼのなかにポツンと駅があります。




_DSC2477

高原の宿で、一泊2000円という格安だったのでどんなものか不安。

汗を流すため、軽く瑠璃温泉に行き(箱根みたいにそこら中に温泉が湧いている)

恐る恐る、宿のある方に向かっていくと、周りが田んぼで遮るものも無く、
山の方へ少しずつ向かっていきます。
そうして見えてくるのは別荘みたいな建物。


_DSC2484


庭というかガーデンみたいになっていて、手入れも行き届いており、なかなか綺麗です。
オーナーさんも気さくな方で、オーディオや日本酒なんかも並んでいました。
当たり!

_DSC2480


チェックインし、荷物を置いて、オーナーさんおすすめの居酒屋へ。
ピザとモッツァレラチーズの揚げ出しを頂いてきました。
チーズが地元のものなのでしょう、大変味が濃くて、冷凍ピザなんかとは比較にならない美味しさです。

宿ではほぼ寝るだけでしたが、いい一夜が過ごせました。

2日目

七時前に宿を発ち、阿蘇山の東側を回って北から阿蘇山をヒルクライムしようと考えました。 ギザギザの根子岳(ねこだけ)がよく見えます。アップダウンも激しいですが、走っていて苦になるほどでもありません。 _DSC2548 _DSC2546 _DSC2535 ちょうど阿蘇山の外輪山のピークあたりで、稜線をなぞるように道があったので道草して根子岳を写真に収めます。 視界から小さくなったワインディングロードが見えて、すこしだけブルっとなりました。恐ろしいほど切り立った稜線の上なので、立っていて怖いほど。 天気は快晴で、走っていて気持ち良いです。 稜線を抜けたあとは一気に下まで下り、阿蘇駅付近まで行きます。 草原に牧場があり、牛や馬がのんびりしている様子に癒やされる。 阿蘇駅まで下り、いよいよ阿蘇山へヒルクライムを開始します。 テントをサドルバッグに入れっぱなしだったので、ヒルクライムするのに重さを感じるので
草むらに隠してから登ります。

やはり震災の爪痕か、道路が崩落している箇所がいくつかありました。
片道通行制限もあります。
森林を抜けると、先ほど根子岳のあたりで見たような牧草地が広がり、
軽トラの荷台に乗っかった子供とおじいちゃんのやりとりが遠くから聞こえてきます。

なんてのどかなんだろう…,



_DSC2557
_DSC2559

_DSC2566

_DSC2577
_DSC2579

斜度は緩め、5%前後、たまにキツくなりますが、あっさり頂上までの13kmを登坂完了。
天気が穏やかで大変登りやすかったです。

頂上付近から外輪山を一望すると、かつての山体の規模の大きさが実感できます。

おばあちゃんの経営するアイスクリーム屋さん、長電話でなかなかアイスが買えませんでした。
ベンチに腰掛けて適当に写真なんかを撮って回ります。
乗馬体験ができるところや、登山の人とスレ違いました。
阿蘇山が噴煙を上げてる。

登ったあとは下ります。バッグはもちろん回収。


_DSC2588

阿蘇の道の駅でロコモコハンバーグを食べました。
この内容で780円は格安。味も濃い。

ではでは、さらに北へ足を伸ばして九重連山の方へ向かいます。

阿蘇山と外輪山、かなり距離があり、その間はほぼ平坦路です。
外輪山へ向けてやまなみハイウェイを登ります。かなり急峻な登りで、時折10%を超える感じ。
バイクの一行とよくスレ違います。
外輪山のピークに達すると、また牧草地のような、気持ちのいい景色がどこまでも広がっています。


_DSC2593
昨夏に訪れた長野県の霧ヶ峰のような、爽やかなMicrosoft WindowsXP壁紙みたいな感じです。
たまらん。気温も寒すぎず暑すぎず、絶妙な23度。

峠の茶屋みたいなスポットがあるのでそこでコーヒーを飲んで休憩。
大分県に突入します。

九重連山を目の前にすると、巨大な岩塊のような迫力があります。
道はクネクネと折れ曲がり、急峻な地形を物語っています。




_DSC2602

福岡にRaphaのポップアップストアが出来た関係で、今日はRaphaのライドを開催しているようです。
多くのロードバイク乗りとスレ違いました。
みんな苦しそうですが、お揃いのジャージに身を包んで楽しそうでした。

県道11を行くか、R442に行くか悩んだのですがR442の先にキャンプ場があります。
ボイボイというカフェの裏庭が広い牧草地で、広々としたキャンプ場になっています。
周りに遮るものがないので、少し風が強そうです。
キャンプ場の管理の方(カフェの店員さんでもありました)に宿泊予約を済ませていることを伝えると、
自転車ということもありウェブの表示価格から1000円引いていただけました。ありがたい。
大分県は日本一の温泉地ということもあり、そこら中に温泉が湧いています。


_DSC2603


_DSC2605


_DSC2606
テントを設営後、R442を少し引き返して、温泉に向かいます。
赤川温泉、露天風呂もあります。
露天風呂100選にも選ばれた、ナイスプレイスだそうです。期待。

入り口から2キロぐらいヒルクライムします。結構きつい、7%はありそう。
泉質は硫黄系で、かなり白っぽいお湯、私のほかは地元のおじいちゃんが一人。

時刻は16時を回っており、湯冷めしない程度にお湯につかり、
晩飯を探しに出かけます。

地ビールの里、というがキャンプ場に向かう際に見えたので、お酒でもちょっと買っていこうかな、と思い地ビールの里へ。
しかし、地ビールの里、久住高原、避暑地で、軽井沢みたいな感じで、富裕層をターゲットにした、かなりお高いレストランしか無くて、手持ちが不安になり、撤退。
もう一軒カフェがあるっぽいのでそちらへ向かいます。


_DSC2626




まるでツール・ド・フランスの山岳ステージを思わせる地形にワインディングロード、興奮して写真を撮りました。

目的のカフェは森のなかにありました。
ちょうどカフェに到着したとき、初老のオーナーさんがお散歩に出かけるときだったみたいで、
「まだ開いてますか?」
と訪ねてみました。オーナーさんは私を一瞥してにっこりと笑うと、
「うん、何が食べたい?」
と、逆に聞き返されました。
「ピザが食べたいです!」
私は即答しました。

Twitterにもポストしたとおり、このカフェのオーナーさんも自転車乗りで、
かつて宮古島トライアスロン参戦、ツール・ド・フランス観戦(2回)、
ミゲール・インデュラインの名前も会話の中で出てきました。

普段なら、この時間にお客さんを入れることは無いのよ、フフッ、と
笑いかけてくれる給仕係の奥さん、
大変手厚くもてなして頂き、またサービスとして前菜にえんどう豆のスープやコーヒーまで頂き、
自転車に乗ってきてるんだから、ということでピザもちょっと大きくしてくれたり、
自転車談義にも花を咲かせ、夢のような楽しい時間を過ごし、深くお礼を申し上げてあとにしました。
見送りに真っ白な猫まで出てきてまるでジブリ作品に迷い込んだような錯覚を覚えました。
17時も中頃を過ぎて居ましたが、あのカフェでの居心地が良すぎて時間が引き伸ばされた感覚があります。キャンプ場に戻る途中、
輝く夕陽が見えたので急いで帰ります。


_DSC2644
目論見通り、ゴールデンアワーに間に合いました。
草原で自転車を置いてみたりして写真撮影。
あっという間に暗くなりました。

周りが真っ暗なのでテントに戻ります。
物を落とすと分からなくなってしまうので。
寝袋を広げてみると、少し傾斜地なのでゴロッとしてしまいます。
次はフラットなところに設営しような。

mont-bellのムーンライトテント1型、前室もあり、
なかなか快適そうでしたが、
九重連山ふもとで標高1000m近くあり、かなり冷え込みました。
朝になって自転車を見てみるとフレームバッグが凍ってました。
寝袋に体を収めるとめちゃくちゃ温かいです。たまらん。
ここから動きたくありません。

_DSC2657

_DSC2659

夜になると、星が綺麗です。ゴリラポッド三脚も持参していたので適当にカメラのマニュアル撮影で
30秒露光したりして星をとらえます。
めちゃくちゃ寒い(5度くらい)。
寝袋に戻ったりスマホいじったり、適当に時間を過ごしていると22時なので消灯。
トイレに行きたくなったのでVOLT1600の明かりを頼りにトイレに行きますが、
どこに何があるか、真っ暗なのでわかりにくいです。明かりが前照灯なのでキレキレで、
あまり明るくしすぎると他のキャンプのお客さんにも迷惑なので、
足音を立てずにゆっくりトイレに向かいました。
ちょっと誤算で、国道が近いためクルマのエンジン音が少し煩く、
深い眠りには至れませんでしたが、テントでの一泊はとても楽しいものでした。
あと寒い。


3日目



_DSC2676



あまり眠れなかったので4時半に覚醒しました。
寝袋があまりに心地よいので、ここから出るのが億劫です。
と言いつつも、テントを畳んでパッキングし、また走って空港まで戻らないといけません、体にムチ打ってモゾモゾ動き出します。
mont-bellのムーンライトテントの設営、撤収は慣れれば15分ぐらいで完了しそうです。


気温もグッと下がったので結露で少し濡れていたので、帰ってから干しました。
風上、風下を考え、なるべく平地に設営すると快適さが向上するのでこれからはそうします。一泊1300円、これならアリだな。

3日目、大分県の豊後森機関庫を目指します。
鉄オタではありませんが、あの場所には心惹かれるものがあり、いつか行ってみたいと思ってました。
キャンプ場から50km近くあります。
R442を引き返します。

_DSC2677
_DSC2679
朝日に照らされて、阿蘇山、九重連山の山々をモルゲンロートみたいに照らしていきます。美しい。
県道11号を登りますが、やはりかなりキツイ登りです。九重連山の岩塊をクライミングしていきます。荷物が無ければ、もっと速く登れるのでしょうが、仕方ありません。それも見越して朝早く出発したのですから。

温泉街みたいな、硫黄の匂いのする山村を抜けて、細細した田舎道を進みます。
原付きバイクでトコトコ進みながら犬の散歩をするおじいちゃんがフラフラ道に出てきた以外は快調に豊後森機関庫への道を消化していきます。


_DSC2685
うにもぐ

そういえばまだ朝ごはんがまだでした。
昨日お世話になったカフェのピザで、まだ辛うじて動いている状態、コンビニとはかれこれ70kmご無沙汰でしょうか。
国道に出ると、久々のコンビニが見えたので朝飯を買い込んで、サコッシュに詰め込み、機関庫へ。
SLの町、のような看板を掲げたお店が幾つかあります。
今日は晴れの日曜日、9時ごろに到着しました。
転換機、そして車庫、機関車が見えてきました。
これが豊後森機関庫。。。


_DSC2700

_DSC2722

_DSC2723


_DSC2705


_DSC2731

_DSC2732

思わず感慨にふけりました。

私の住んでいる枚方市、樟葉駅の広場にかつて機関車が置いてありました。D51(デゴイチ)の愛称で呼ばれていて、型式こそ違うものの懐かしく思い、京都の鉄道博物館にも足を伸ばしたことがあります(近いし)。

豊後森機関庫、公園のような感じになっており、ベンチに腰掛けて朝ごはんを頂きます。山道を超えてきたので、かなりカロリーを消費しているので空腹が強いです。
SLを見ながら青空で朝ごはんを食べる、なんか贅沢だな。
すると、軽自動車がやってきて、機関車に火を入れました。
蒸気機関なので、水が沸騰して、各部に熱が回ってうまく機械が動くまでタイムラグがあります。

もくもくと水蒸気を上げています。
このあとのイベントで汽笛を鳴らすのでしょうか。
そばにはミニ軌道があり、子供向けにアトラクションとして開放しているのでしょう。乗ってみたさをこらえて、空港へ向かいます。

来た道を一部引き返し、阿蘇山の西側へ回り込んで空港へ向かいます。
小国のあたりでRaphaのキャラバンが来ているみたいなのでちょっと見ていくことに。

_DSC2744


_DSC2747


ラファの人とその子供さんがのどかに遊んでました。コーヒーでも飲めるかな?と思いましたが、自販機でコーラを飲みたい気分だったので
コーラを飲み干して再出発。
南下して空港を目指します。



_DSC2753

途中、綺麗な川があったのでGoproを輪行ストラップにくくりつけて、川の中でも動画に撮ろうかなと思ったら
防水ハウジングが岩にぶつかり外れて浸水w


_DSC2757

足を水に浸してクールダウン。そのまま空港まで戻り、伊丹空港まで再び飛行機で。


阿蘇の優しい初夏と優しい人と出会えた、最高の旅になりました。

ページビューの合計